シミの有効成分

シミに効果のある成分チューンメーカーズ

目指せ美白!シミに効くのはどの成分?

 

色々と市販されている美白用の化粧品。
様々ある化粧品の中から、どんなものを選んだらいいのか迷うことも多いと思います。
そんなときに役に立つ、効果のある美白成分をご紹介していきましょう。

 

 

◆ハイドロキノン◆
この成分は最強ともいえる美白成分です。しかし、効果が高いのは良いのですが、その反面刺激が強いと言われています。
シミの原因になるメラノサイトの細胞そのものに働きかけます。
ハイドロキノンは、化粧品に使用する事が認められたのは2001年ですが、各メーカーごとに決められた配分があります。これは同じ配分では、他のメーカーで作ることができない決まりになっています。
しかし、現実には他の化粧品としても流通があるようで、肌のトラブルが多いこともあり、きちんとシミ対策をするのであれば、きちんとしたハイドロキノン配合コスメを選びましょう!

 

ハイドロキノン配合 おすすめはビーグレン

 

シミの有効成分
ビーグレンは、ハイドロキノン配合コスメのシミ対策コスメとして有名です。
また定着していないシミはビタミンC誘導体でも対応できますが、定着してしまった頑固なシミに唯一有効なのは現在ハイドロキノンだけ。ビーグレンは、シミに悩む女性のためにアメリカの医師が日本人向けに開発したものです。私も使ってみましたが、特にハイドロキノン特有の刺激はありませんでした。1週間お試しがありますので相性を確かめみるといですよ。だだし、私が効果を実感できるのは30日後くらいから。続けていかないと効果を実感できないので、続けていくことが大切です。
30日返品保証があるので、最初から本品を試してみる方が変化を感じとれます。

 

 

 

◆アルブチン◆

 

ハイドロキノンを低刺激化したのが、アルブチンです。アルブチンはハイドロキノンの前駆体で、刺激が少なくなっています。

 

 

 

 

◆ビタミンC誘導体◆
吸収率が高い美白の代表とも言えるビタミンC。しかし、ビタミンCそのものでは、実は美白効果はありません。
ビタミンC誘導体は、簡単に言うとビタミンCの効果を発揮する前の段階のものです。
皮膚への浸透力も高く、シミやシワ、毛穴を縮める、くすみを押さえるなどの様々な効果があります。
濃度によって効果が変わりますが、5%以上になると差はあまり無くなるという調査もあるようです。
化粧品などの成分表示としては「リン酸アスコルビルMg」「リン酸アスコルビン酸Na」「テトラヘキサデカン酸アスコルビル」というような表記がされています。

 

その他に、醤油や味噌の原料になるコウジ菌から出来た「コウジ酸
内服薬として利用されてきた「トラネキサム酸
活性酸素を抑制し保湿効果もある、最近注目の「フラーレン」など、様々な美白成分があります。